西洋電網部録譚

Just another WordPress.com weblog

Archive for 11月 2005

昔ながらのラーメン屋さん(雷と読経の晩秋の法事 その2)

leave a comment »

(続き)北海道では、どこでも熊牧場があって、山に行くとヒグマがいて鮭を捕っていると思われるのと同じくらい間違いです。新潟でも、鮭は捕れます。小学校の授業で、鮭の育つ過程を見学にいったと、親戚の先生が教えてくれました。   

さて、日曜は市内を離れ、県内の法事のあるお寺に。案の定、青空なんかが見えた昨日とは一転して、新潟市内も朝から雷です。雷雨という感じです。

法事の場に付くと、ちょっと雲が切れたりと、雷雨は下越地方だけだったのかと思ったのですが、そんなことはありませんでした。さすが、新潟です。

読経が始まると、何やら雷が近づいてきました。うーむ。山沿いでなく、下越から中越にかけて私たちを追いかけて来たようです。

読経はそのまま静かに進み、雷は鳴り続け、私らは手持ちに配られた読経の冊子を眼で追いました。

新潟で多い浄土真宗は、農民の多い土地で普及させるために、文字が読めなくてもわかりやすいように、ただ南無阿弥陀仏と唱えよ、という宗教です。

ちょっと適当な感じもしますが、私は、それをいい加減とはいつしか思わなくなっています。この季節、外苑前でからからと枯れ葉が風に舞う東京で は、とうてい想像のできない風景があります。そういう風景は理屈で理解することはできません。東京暮らしが長くなってきて、ますます、この季節は筆舌に尽 くしがたいんだなぁ、新潟と群馬では軽自動車とスバルの悪口を言ったらいけないなぁって、読経の間思いました。

ふと思うに、自分も祖父の葬式に、今はない本家で長々と読経を聞かされたのだと思います。今覚えているのは、本家の古い家と言葉少なに晩ご飯の準備に集まった親戚のおばさんたちの姿。はずかしいことに、食べ物のことしか思い出せません。

今回、自分も小学生の子供といっしょに法事に来ました。この雷と読経。たぶん、東京生まれの子供も、何となく雷の中でお寺に座っていたのをいつか思い出すかもしれません。 

P.S

相変わらず、安定しないWP.comですが(他で使っているWPは快調なので、やっぱりWP.comの問題かと思います)。

とりあえず、画像の問題はflickrと連携することでよいみたい。ただし、flickrで画像を本文に後から挿入すると、なぜか本文の後半が切れてしまうので、画像は先に挿入しないとだめなようです。

あとは、mixiからリンクが切れるのはなぜかわからないけど、リンク関係の問題は、とりあえずPost slugを英数字にすることでしょうか。

ということで、続きを別の日に移動して、ついでにおいしいラーメン屋さんの写真でお茶を濁しました…。このラーメン屋さんは、自分が小学校の頃からある昔ながらのラーメン屋さんの大黒亭。麺は細い縮れ麺で、極薄口のしょうゆ味です。

広告

Written by toshiro.shimura

11月 30日, 2005 at 9:48 pm

カテゴリー: Diary

雷と読経の晩秋の法事

leave a comment »

週末、法事で田舎に帰ってきました。

先月も帰っていますから、今年は頻繁です。先月は新幹線の中で、普通のiPodでドラマの音声を聞いていましたが、今回はビデオ対応のiPodで東京12チャンネルのアメリカの警察ドラマを見ていました。ちょっと出世したかも、笑。

この警察ドラマも、今回のシリーズが最後とか。しかし、iPodの2.5インチの液晶では、いい加減苛々してくるのを感じました。やっぱり、テレビ 番組のサイズで作られている映像を、小さい画面で見るというのは不自然なのですね。iPodの液晶がかなりいい品質なので、絵が黒くつぶれるとか、色がきちん と再現されないという技術的な問題ではなく、小さくてよく見えないという感じで、感覚的にいらいらするわけです。

別に老眼ではないのですけど、まあ、気が短くなるのも歳ですかねえ~、笑。

さて、実家に到着した土曜は天気がよく、落ち葉を掃くなど掃除ができるくらいで、この季節の新潟とは思えない好天でした。やっぱり新潟は新潟でも、市内は新潟ではないなぁと思いました。

しょせん、新潟市は信濃川の河口にできた出島。新潟平野とは万代橋でつながっている島です。この時期の新潟で、青空は犯罪的です。万代シティのダイエー跡にはジャスコが入るのではないかという噂がちらほら。

我が家は出島の中ではありませんけど、まあその近所です。

すみません、11月末に青空で。ほんと、同じ新潟県民としてはずかしいです…。

新潟ではこの季節、雪の降る前に雷が鳴り、雹が降り、冷たい雨が降ります。県内の山沿いでは、冷たい雨の繰り返しが、いつか雪に変わっていきます。

別に、新潟県のどこでも、松之山町みたいに家の屋根の高さまで雪が積もって、結婚した新郎を屋根から雪の中に投げ込むわけではありません。ただし、 イメージとして大切です。県外の人には、新潟県は冬になるとどこでもスキーができるものだと思っている節があります。それは大きな間違いです。

北海道では、どこでも熊牧場があって、山に行くとヒグマがいて鮭を捕っていると思わり (文字制限?30日に続く)

Written by toshiro.shimura

11月 29日, 2005 at 8:48 pm

カテゴリー: Diary

久々にたまごっちに並んだ休日

leave a comment »

VSPACE=10 HSPACE=20久々にたまごっちの新型が発売されたので、店頭に並びました。

実際には風邪気味だったので、並んでいた家族に合流して、トイザらスを眺めてくるって感じでした。ほんと、我が家は飽きないね〜、笑。

新型たまごっち、基本的には改良型なので、すっごく新しいって感じもしないし、並んでいる人の数もそこそこという感じで、一時の血気だった人気というのは感じられませんけど。

取りあえず、色にこだわれなければ、並ばなくても入手は可能だったかもしれません。それでも、午後にはあちこちで売り切れみたいな話を聞きましたけど。

このくらいの人気がいいなぁ〜。

新型のたまごっち、外見はちょっと丸くなったという感じがするだけで、それほど新しいという感じはしないのですけど、触った感じがレスポンスがいい。

さて、所詮は子供向けの3千円で買えるおもちゃなわけですけど、親子で同じ物を話題にできるのって、けっこう楽しいですよ。新型も裏切らないでくれるとうれしいのですけど。
もっとも、ついでに任天堂の『どうぶつの森』なんかも買ったりして。子供はこっちの方にも興味が移っていたりして。

P.S

懸案のWordPressの図形(主に写真)のレイアウトの問題。

休みなので、自宅でMacで書いていて気づいたのですが、Mac OS XのSafariでPost欄にツールバーが表示されないことに気づいた。写真のアップロードや本文中へのドラッグ&ドロップは一応出来るのだけど、下図の右側のようにURLが入るのみ。
あれれと思って、Mac OS X版FireFoxで試してみると、ツールバーが問題なく表示されるだけでなく、写真を本文中へドラッグ&ドロップすると、下図の左側(サムネールを使用)のようにサムネイルが表示され、大きさなどを調整できます。

先日のWindows版IEのようなスクリプトエラーが発生しないです。

Written by toshiro.shimura

11月 23日, 2005 at 11:49 pm

カテゴリー: Diary

ひと足早いクリスマスツリー(WPに写真をアップロードする方法)

with 6 comments

ひと足早いクリスマスツリーというか、毎年毎年早くなっているような感じがするのは、気のせいでしょうか。
 
さて、MTなどと同じく、WordPressでも、標準で写真などをアップロードする機能があるのですが、WYSIWYGに表示されるpost欄の下部にある「upload Image」を使うと、画像をサーバーにアップロードすることはできるのですが、本文中にレイアウトする方法がよくわかりません。
 
昨日の明治神宮の森の写真などは、Post欄のツールバーを使って画像を右寄せ、左寄せ、中揃えなどといろいろやってみましたが、JavaScriptエラーが表示されたりして、なかなかすっきりとはいきませんでした。 
そこで、今日はWordPressの本文中に、画像を挿入する方法を調べてみました。
 
本日の日記は、その覚書です。
ちなみに、左側のクリスマスツリーの写真は、flickrで管理した写真をflickr側からWordPressに発行する機能を使ってみました。
 
クリックするとflickrサイトへ移動します。こういうのをWeb2.0とかいうのですかねぇ。
 

●WP のヒント:iPhotoから写真をアップロードする
http://tekapo.com/st/2005/03/12/upload-from-iphoto-to-wp/

●WP のヒント:flickr の写真をブログに
http://tekapo.com/st/2005/03/13/adding-a-flickr-photostream-to-your-blog/

●flickrRSS plugin for WordPress // eightface
http://eightface.com/code/wp-flickrrss/

●WP-Gallery 0.32
http://geoffhutchison.net/blog/archives/2005/03/22/wp-gallery-032/
http://www.hyperpup.com/main/archives/146/

●Coppermine Plugin
http://www.texx.org/2005/03/30/coppermine-plugin/
http://www.hyperpup.com/main/archives/282/

結局、どれもWordPressに画像を挿入する方法であり、そのためにiPhotoやflickrなどで管理している写真を読み込むためのプラグインという感じでした。

WordPressは、モジュール構造になっていて、「プラグイン」と呼ばれるモジュールを所定のフォルダに入れておくことで機能拡張ができます。

たしかに、プラグインで挿入するときちんと入りますけどpost欄の本文中で画像を左寄せや右寄せに移動させると、スクリプトエラーが出たりしてうまくいかないのですけどね。それは、このWordPress.comが日本語の本文の処理がうまくできないせいかもしれません。

なお、GalleryやCoppermineというのは、画像を管理するギャラリー機能をサーバーに持たせるスクリプトです。

●Gallery
http://gallery.menalto.com/index.php

●Coppermine
http://coppermine-gallery.net/index.php

ひと足早いクリスマスツリー
動画を再生します。
再生が終わったら[戻る]ボタンで、ブログ画面に戻ってきます。

Written by toshiro.shimura

11月 22日, 2005 at 2:20 pm

カテゴリー: Diary

明治神宮、響の森

leave a comment »

13 響ったって、別に今年の仮面ライダーではないのです、汗。
NPO(特定非営利活動法人)の「響」が、明治神宮の森で文化祭と称して開催していたどんぐりプロジェクトに参加して来ました。

最初は神宮外苑の銀杏並木でも見に行くつもりだったのですが、明治神宮の入り口で受付をしていたので、こちらの方がおもしろそうと参加。

9しかし、明治神宮の森全体は、紅葉なんかしていません。年中常緑のうっそうとした照葉樹林の森でした。

ちょっと耳をすませば、原宿の喧騒が聞こえてくる距離のところに、こんな森があるというのは驚きです。NPOのホームページによれば、明治神宮の森は、84年前に人々の手で作られたということです。 

10このNPOの活動は、約80年以上経過したこの森で、毎年たくさんのどんぐり達が生まれ、育っていることから、その代々木の森で生まれたどんぐり達を苗木に育て、やがて日本中に緑化の輪を広げていこうというのだそうです。

それが「どんぐりプロジェクト」だそうです。

たぶん、外苑の銀杏並木を見たとしても、人ごみに中で、軽く食事をして帰るくらいだったのでしょうから、思わぬイベントに参加させてもらい、都会の中で森の息吹(響き?)を感じることができて、有意義な休日を過ごせたと思います。8

 

P.S

それにしても、WordPressの写真のアップロードが、まだよくわかりません、汗。

どんぐりの森プロジェクト
動画を再生します。
再生が終わったら[戻る]ボタンで、ブログ画面に戻ってきます。
 

Written by toshiro.shimura

11月 21日, 2005 at 4:49 pm

カテゴリー: Diary

ベルグソンかよ〜。

leave a comment »

朝はニュース。

なんて、日付が16日のブログをようやくアップしようとしています。

WordPressというブログ・ツールは、書きかけの記事を「Draft」で保存すると、一般には公開されずに書きかけのままポストできます(なんか、ポストなんていうとかっこいい?)。

そんなのはMTでもできるじゃんといわれたら、それまでですが、それ以外に「Private」という保存の仕方があり、これは完成した記事のポストなのですけど、一般には見せない公開といいますか。

でも、別にMTでもJUGEMでも公開しないで保存しておけば同じかというと、WordPressは特定ユーザーだけ投稿(ポストの和訳?)するとか、たぶん特定ユーザーだけ「Private」の日記が読めるとかできるんではないですかね。

まあ、シークレットバトンみたいで、その他の人から見たら感じ悪い機能かもしれませんけど、苦笑。

さて、話を元に戻さないと、16日付けの日記がまた書きおわらない。

タイトルのベルグソン。

久しぶりに懐かしい名前を聞いたかと思ったら、それを言っていたのは石原慎太郎都知事でした。

16日は例のご成婚の日でしたか。

別に皇室関係だから石原慎太郎というわけでなく、新郎の職場の上司ということでのスピーチだったのですね。

それにしても、ベルグソンかよ〜。

学生時代以来久しぶりに聞きました。昔だったら、ちょっとかっこつけていたって感じで。

さて、冬至にまっしぐらの昨今。最近の日の出は6時半くらい(当社比)。

うちのあたりは地形の関係で、日の出時間が15~20分くらい遅れます。この季節、部屋の奥まで朝陽が差し込むのでまぶしくて不評です…。

そして、最近の朝は中澤有美子♪

最近の朝は中澤有美子♪

中澤さんとは、TBSで早朝に放送しているJNNニュースバードのキャスター。朝のニュースはのんびりしていい感じが出ています(その後が、あのやかましいみのもんたタイムなので、余計に)。

まあ、JNNニュースバートは、元はTBSが運営するニュース専門のCS放送の番組だったようですが、最近は早朝(3~5時台)に、系列局で試験電波として放送されているということです(以上、Wikipediaを参考)。

別のそこまで早起きしているわけではありませんが、寝ている間に録画して、独りポッドキャスティング。あとは適当な時間に、iPodやらiTunesやらでニュースを見たりしているわけです。

また、ポッドキャスティングとかの話になるとうるさいので、詳細は下記にて。まあ、新し物好きということで、お許しを。

iPod用動画変換スクリプトは独りポッドキャスティング

 

Written by toshiro.shimura

11月 18日, 2005 at 7:29 pm

カテゴリー: Diary

MTからWP、さらばイーヤマ

with 4 comments

しばらく更新が滞っていました。
その間に、ディスプレイメーカーのイーヤマは倒産するは、オリンパスは音楽プレーヤから撤退し、私のブログがMTからWordPressに変わったりしました。

いやあ、何でイーヤマかというと、今使っているのがイーヤマの20インチの液晶ディスプレイだったりするので、他人事でなかったのですよ。 こちら の記事のように、20インチの液晶ディスプレイもDELLなんかだと安くなってきていますが、そこはイーヤマ・ブランド。昔はナナオ を買えない場合はイーヤマってくらいだったのですが。

イーヤマがいかにディスプレイのブランドであったかは こちらのブログに詳しい。

平成電電に続いて、身近なブランドの倒産。何か他人事ではないなぁって感じで。
まあ、現在はCRTで一世を風靡したメーカーは、あのソニーも含めて正念場なのでしょうかね。

ディスプレイメーカーのイーヤマが民事再生法を申請 – CNET Japan

国内PCモニター市場でCRTモニターは絶滅間近–IDCJapanの市場調査 – CNET Japan

それよりも、オリンパスもデジカメで苦戦しているのに、音楽プレーヤはないだろうなって思っていたのですが、やはりそうですか。

オリンパス、オーディオプレーヤー事業を凍結

ただし、世の中おもしろいなって思ったのは、この発表でオリンパスの株価が上がったりもしたんですよ。

ここしばらく、欲汁証券さんに株式の世界を教えてもらっていたりしたので、オリンパスの件で、今まで知らなかった社会の側面を実感させられました。これも社会のもう1つの姿なんだなぁって。
ということで、オリンパスの株価が上がったっていうのを聞いたのが、iPodのビデオ・ポッドキャスティングだったりするのも時代だなぁと、我ながら笑って気づきました。

何かiPodというと自分の中でもまだ色物だったのですけど(笑)、それがこういう実経済に関連してくるというのも、この10月から11月にかけて、いろいろな意味で引越し月間だったのだなぁということで。

しかし、ビデオポッドキャスト、おもしろいですよ~。ほんと、風邪なんか引いているどころではない。

大和証券グループ、業界初のビデオ・ポッドキャスト

ビデオへの移行も始まったポッドキャスト(上)

時間がなくなったので、ブログをWordPressに変えた件に関しては、引っ越したばかりなので、これからぼちぼちと。

日本ではレンタルブログ全盛の中、MTことMovalTypeの評価が高いわけですが、やはり海外では次の波が来ていますね。
機能的に必要十分であれば、無料の方がよいですから、笑。WordPressは、MTの日記データが移行できて、スパムなどの対応ができているのであれば、これはこれでよいと思うのですよ。

MovableType → WordPress移行のTips

「MT エントリから WP へのインポートの仕方」の訳

Written by toshiro.shimura

11月 14日, 2005 at 11:02 pm

カテゴリー: Diary