西洋電網部録譚

Just another WordPress.com weblog

Archive for 12月 2005

flickrを使うならPicasa2(逆か?)

leave a comment »

デジタルカメラも今やコンパクト型から一眼レフ型などさまざまであり、さらに便利なカメラ付き携帯電話も当たり前になっています。というか、入門用のデジタルカメラはカメラ付き携帯電話にお株を取られ、もはやデジタル家電の稼ぎ頭とはいえなくなってしまったほどです。裏を返せば、それだけ、写真は利用者が多い分野といえます。

デジタル写真をパソコンで利用するのに、最近のデジタルカメラはきれいに写るので、写真編集ソフトの代名詞のPhotoshopまでは必要なく、どちらかというと撮るたびに枚数の増える写真の管理の方が重要になってきます。

そんな個人的な写真管理の需要に合わせて、Apple社が開発したのがiPhotoですが、iPhotoはMacintoshでないと利用できません。そこで、これとほぼ同等にできるのが、「Picasa2(これって画家のピカソっていう意味ですね)」です。配布元はGoogleで、なんと無償ソフトです。

以下がPicasaの紹介記事とダウンロード先です。無償ですので、これ以上は解説するよりも、まずは試してみてください。

●デジタル写真を紙焼きのように扱える画像管理ソフト「Picasa」
http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2004/11/11/picasa/

●Picasa
http://picasa.com/

Picasa2の「エクスポート」と「メール」

□picasaの「エクスポート」と「メール」

Picasaでは、編集した写真は別の映像として書き出して利用します。この機能が「エクスポート」ですが、このほか編集した写真をメールに添付して送信できる「メール」機能もあります。

さらに、オンライン写真管理サービスのflickrといっしょに利用すれば、flickr側で用意されたメールアドレス宛にメールを送信するだけで、flickrに登録して写真を公開することもできます。利用するのがメールなので、カメラ付き携帯電話から写真を登録することもできます。
私の場合、写真のオリジナルはPicasaで管理して、320×240か640×480の、いわゆるコピーをアップロードして写真を公開しています。

印刷したり加工する写真はPicasaに置き、flickrは見て楽しんだり、他の人と交流するために使うものかなと思っています。だから、財産としての写真はPicasaの中に貯めておくということになります。

flickr側のメール受信アドレス

□flickr側のメール受信アドレス
Picasaの優れているところは(これはiPhotoにも共通するのですが)、写真はフォルダ単位で管理されているので、たとえパソコンやWindowsが動かなくなっても、[マイドキュメント]などのファイルがバックアップできれば写真は無事です。

また、PicasaやiPhotoでは、加工した写真は書き出しなどで利用されるので、オリジナルの写真はオリジナルなまま、加工した写真とは別に管理されています。このため、もしもオリジナルの状態の写真が必要な場合は、撮影したままの画像を利用することもできます。

オリジナルを残し、加工した写真は加工したものとして利用するという写真の管理の仕方は、デジカメを使う利用者なら、手間がかからないで、一番楽で長続きする方法を自分で考え、工夫してきたはずです。

同じ写真管理でも、使う道具によってスムーズにいったりいかなかったりするわけですが、flickrとPicasaの組み合わせは、自分としては現在最強だと思います(当社比、笑)。おかげで、最近Picasaで便利だと思っていた傾きを直す機能が、iPohotoにも装備されたことを知ったりと、最近はMacの出番がなくなってしまいました。

実はiPhotoからもflickrへアップロードできるプラグインがあったり、Mac OS X用のflickrへアップロードプログラムもあるのですが、それはMacユーザー向けの情報として…。

●iPhotoで傾きを修正する
http://tekapo.com/st/2005/11/20/iphoto-katamuki/

●FlickrExport(iPhotoプラグイン)
http://connectedflow.com/flickrexport/

●Mac OS X用のflickr Uploader(アプリケーション)
http://www.flickr.com/tools/

●写真共有サイト「Flickr」
http://netafull.net/archives/006560.html

広告

Written by toshiro.shimura

12月 18日, 2005 at 1:51 am

カテゴリー: Diary

2005.12.15朝の写真

with 2 comments


2005.12.15朝の写真

Originally uploaded by toshiroh.

最近の朝の写真。
冬至が間近なので、日の出が遅い。
ただし、flickrにアップしておくと、撮影日時だけでなく、時刻も一目瞭然(2005.12.15、07:09:00)。

それをカンニングしながらブログも書けてしまいます。便利な時代になりました。

これもWeb2.0?

Written by toshiro.shimura

12月 17日, 2005 at 8:59 am

カテゴリー: Diary

2005.12.10餅つき大会

leave a comment »

昨日は餅つき大会でした。  

久しぶりに、杵を持ちました。

とりあえず、昨晩はおみやげに貰ったあんころ餅を食べすぎ。
今日は、さっぱりしたうどんが食べたいなぁ、笑。

 

 

 

Written by toshiro.shimura

12月 11日, 2005 at 11:59 am

カテゴリー: Diary

2005.12.05朝の公園

leave a comment »

紅葉ももう終わりですね。
でも、銀杏なので黄色ばかりですけど、笑。
ようやく新しいP900iVという携帯電話に慣れてきました。
新しいといっても、P902iが出た現在では、P900iVは、FOMAの中では曾ばあちゃんクラスになるのでしょうか。だから、叩き売りだったのかもしれません、笑。
FOMAに変えてよかったのは、電波の入りがよくなったところ。世間一般ではFOMAはPDCに比べて電波を受信できる範囲が狭いとか、いまだに不評を買っているようですが、当方にとっては救世主でした。
うちの仕事場は線路に近いせいか、駅に電車が来る直前に電磁場が発生するのか(苦笑)、電波が途切れるのです。その濃いミノフスキー粒子の中では、故・平成電電の固定電話が活きるのですが。
そんなんで、実際FOMAの電波はどうかなって思ったのですけど、さすがデジタル方式?電車が通っても通話が途切れることがありません。 これでFOMAに機種変更をした甲斐があったということです。
ただし、困っていることもあって、P900iVは最後のPDCになった前のP501isと同じPanasonic製なのに、ソフトウェアがNECと共通らしく、P製の良さがほとんど踏襲されていません。
ほぼ、家人の使うNEC製FOMAと大差ない使い勝手になってしまいました。
一番痛いのは、NEC製同様にピントが甘い。200万画素の触れ込みですけど、意味あるのかなぁ~。
まあ、上の写真みたいに風景は、ごまかして撮れるのですけどね。
とりあえずFOMAに変更して受信状況がよくなれば、機種変更の目的は果たしたということになるのですが、数あるFOMAの中で、この携帯電話にした理由もあります。 

まあ、旧型でただ同然だったということもあるのですけど、歴代のP製には、動画撮影できる系統の携帯電話があって、これもそれなのです。ただし、流行らなかったせいもあって、今はこのくらいしかない。
だからザクIIIが登場しているご時世に、P900iVというグフみたいな携帯電話に機種変更をしたわけです。
撮影できる画質は、QVGA(320×240)のビデオで、携帯電話としてはダントツですが、ハイビジョンがどうしたっていうご時世に、お遊びみたいな画質です。それでも、ビデオ対応iPodで遊ぶには、お手ごろな携帯電話かなって思ったのですけど。実際は、iPodと関係なく使っていますね~。

銀杏の落葉
created by toshiro.

Written by toshiro.shimura

12月 5日, 2005 at 9:17 am

カテゴリー: Diary

昔ながらのラーメン屋さん(雷と読経の晩秋の法事 その2)

leave a comment »

(続き)北海道では、どこでも熊牧場があって、山に行くとヒグマがいて鮭を捕っていると思われるのと同じくらい間違いです。新潟でも、鮭は捕れます。小学校の授業で、鮭の育つ過程を見学にいったと、親戚の先生が教えてくれました。    

さて、日曜は市内を離れ、県内の法事のあるお寺に。案の定、青空なんかが見えた昨日とは一転して、新潟市内も朝から雷です。雷雨という感じです。

法事の場に付くと、ちょっと雲が切れたりと、雷雨は下越地方だけだったのかと思ったのですが、そんなことはありませんでした。さすが、新潟です。

読経が始まると、何やら雷が近づいてきました。うーむ。山沿いでなく、下越から中越にかけて私たちを追いかけて来たようです。

読経はそのまま静かに進み、雷は鳴り続け、私らは手持ちに配られた読経の冊子を眼で追いました。

新潟で多い浄土真宗は、農民の多い土地で普及させるために、文字が読めなくてもわかりやすいように、ただ南無阿弥陀仏と唱えよ、という宗教です。

ちょっと適当な感じもしますが、私は、それをいい加減とはいつしか思わなくなっています。この季節、外苑前でからからと枯れ葉が風に舞う東京で は、とうてい想像のできない風景があります。そういう風景は理屈で理解することはできません。東京暮らしが長くなってきて、ますます、この季節は筆舌に尽 くしがたいんだなぁ、新潟と群馬では軽自動車とスバルの悪口を言ったらいけないなぁって、読経の間思いました。

ふと思うに、自分も祖父の葬式に、今はない本家で長々と読経を聞かされたのだと思います。今覚えているのは、本家の古い家と言葉少なに晩ご飯の準備に集まった親戚のおばさんたちの姿。はずかしいことに、食べ物のことしか思い出せません。

今回、自分も小学生の子供といっしょに法事に来ました。この雷と読経。たぶん、東京生まれの子供も、何となく雷の中でお寺に座っていたのをいつか思い出すかもしれません。 

P.S

相変わらず、安定しないWP.comですが(他で使っているWPは快調なので、やっぱりWP.comの問題かと思います)。

とりあえず、画像の問題はflickrと連携することでよいみたい。ただし、flickrで画像を本文に後から挿入すると、なぜか本文の後半が切れてしまうので、画像は先に挿入しないとだめなようです。

あとは、mixiからリンクが切れるのはなぜかわからないけど、リンク関係の問題は、とりあえずPost slugを英数字にすることでしょうか。

ということで、続きを別の日に移動して、ついでにおいしいラーメン屋さんの写真でお茶を濁しました…。このラーメン屋さんは、自分が小学校の頃からある昔ながらのラーメン屋さんの大黒亭。麺は細い縮れ麺で、極薄口のしょうゆ味です。

Written by toshiro.shimura

12月 2日, 2005 at 1:06 am

カテゴリー: Diary